交通事故

交通事故はたとえちょっとした接触事故でも身体に多大な影響を及ぼすことがあります。

事故直後は痛みや不調がなかったので、病院に行かなかったという方もいらっしゃいますが、交通事故のケガは後になって痛みが出たり、長引くことで後遺症となる場合があります。初期症状がなかったとしても軽く考えず、適切な処置・施術をされることを強くおすすめいたします。心身共に掛かる負担は想像以上に大きなものです。

ケガはむち打ちが多いです。その施術は(整骨院・接骨院・鍼灸)の専門分野です。
事故後は必ず病院で診断を受け、その診断に基づき整骨院・接骨院・鍼灸院での施術やリハビリを進めることをお勧めします。

交通事故の場合は整形外科と整骨院・接骨院・鍼灸院の併療(同じ日に両方はダメ)が可能です。

病院ではレントゲンを撮って骨の異常を見るものですが、むち打ちの原因となる筋肉や神経に炎症があっても「異常なし」という診断になってしまいます。

整骨院・接骨院・鍼灸院では、触診によりレントゲンでは写らない筋肉や関節周辺の微妙な異常を、手技療法により筋肉に直接アプローチをする施術を行うことができます。「治らない」とあきらめずにぜひ一度施術を受けてみてください。


交通事故は相手の方の過失が多い場合は自賠責保険により施術費がまかなわれますので、窓口での負担金は0円です。

また、通院時の交通費や手続きに必要な文書代にも自賠責保険が適用されます。

© 2019: リヴ・レーダ(株)