骨盤や腰の歪みを矯正します。

※自費施術となります

日頃の悪い姿勢の積み重ねが大きな要因になってきます。

骨盤は上半身を支え、大切な内臓を入れる器です。

骨盤が歪んで広がってしまうと、内臓が本来あるべき位置から下がり、胃に大きなスペースができてしまいます。骨盤の歪みが下半身の血行を悪くさせ下半身のむくみや冷え性の原因にもなります。「上半身に比べて脚が太い」と悩んでおられる方は、骨盤が歪んでいる可能性も高いのです。

特に女性の骨盤は歪みやすく、年齢とともに開いていきます。

骨盤や腰の歪みを矯正することで良い姿勢が保てるようになり、血液やリンパ液の流れが改善されますので、新陳代謝もあがり脂肪燃焼にもつながると言われています。特に女性にとっては、子宮や卵巣に負担がかからなくなり、女性ホルモン作用が正常に戻るため、肌荒れの解消も期待できます。

産後の骨盤矯正


産後のお母さんの体は、育児に追われるがあまり放っておきがちになりますが、ご自身や周囲が思っている以上に大きなダメージを受けています。特に一度開いた骨盤が自然と妊娠前の状態に戻ることは難しいのです。帝王切開を経験された方はお腹に傷が残りますので皮膚が突っ張り筋肉は緊張しやすくなります。出産後の自分自身のケアは大変大切なのです。

出産後骨盤は一気に閉じますが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつなぐ筋が延ばされているので非常に弱い状態になっています。この時期の悪い姿勢は、強い歪みを作ってしまう原因になりますし、歪んだままにしてしまうと、将来的にさまざまな症状が出たりします。産後は早めに骨盤をケアすることが大切なのです。

出産後骨盤がゆがんだままでは元の体型には戻りません。産後太りやすい骨格になってしまいます。

出産後1ヶ月後の関節が柔らかい早期の施術をおすすめします。退院後お体が落ち着かれたらお早めにお越しください。適用期は産後1ヶ月~1年ですが産後16ヶ月がお勧めです。(帝王切開の方は、2ヶ月後から)また、断乳した月から数ヶ月間もホルモンバランスが変わり骨盤が固まる方向に向かうと言われています。この時期にも歪みをしっかり戻すことが重要です。

© 2019: リヴ・レーダ(株)